Macのユーザー辞書が機能しなくなったときの対処法

SKILL UP

ユーザー辞書が突然効かなくなるという事例があったのですが、調べてみてもiPhone版の事例ばかりヒットするので、Macの場合の解決方法をメモしておきます。

以前記事も書いているのですが(【Mac】ユーザー辞書にオリジナルの単語を追加する方法。事務作業を効率化して時短する!)、時短のためにMacのユーザー辞書を活用しています。いちいちタイピングするのが面倒な言い回しや、長いクライアント名を簡単に入力できるので便利なんですよね。

それがなぜだか効かなくなってしまい困ってしまいました…

スポンサーリンク

設定の変更方法

まずは画面上部のバーにある、「あ」もしくは「A」と書かれているアイコンをクリック。

出てきた画面のなかにある「プライベートモード」という項目にチェックが入っている場合は外してください。設定はこれだけで完了です!

どうやらブラウザのプライベートウィンドウのようなもので、一時的にユーザー独自の設定を無効にできるものみたいです。

デフォルトでショートカットが割り当てられていないので、どうしてこの設定がオンになってしまったのかは謎のまま…。何かの拍子にチェックを入れてしまったのかしら。それにしてもどういう時に使うことを想定している機能なんだろう?

同じようにユーザー辞書が反映されずお困りのMacユーザーさんはぜひお試しくださいませ。

タイトルとURLをコピーしました