【Mac】スペースキーで決定したい!確認ダイアログをspaceで操作できるようにする方法

SKILL UP
スポンサーリンク

こんにちは!デザイナーのmico(@micos_design)です。

ウィンドウを操作するときにマウスを使わず、 tabspace を使って操作するのは定番の効率化テクニックですよね。けれどゴミ箱を空にするときや拡張子を変更するときなど、一部のウィンドウで使用できないのがずっと不便だなあと思っていました。

やっと解決方法を発見したのでご紹介しますね!

スポンサーリンク

ウィンドウをキーボードで操作する方法のおさらい

パネルの操作をキーボードのみで行なっている様子。
ショートカットキー
  • tabで次の項目へ進む
  • shift+tabで前の項目へ戻る
  • spaceで決定

このショートカットは、FinderやIllustratorpのパネル操作するときや、ブラウザでお問い合わせフォームを入力するときなど、何かを選択する場面に共通して使えるテクニックです。あわせてescキーでの入力キャンセルも覚えるとさらに効率アップです。

キーボード操作できるウィンドウを拡張

設定はとっても簡単です。
リンゴマークかアプリケーションフォルダの中から「システム環境設定」→「キーボード」→「ショートカット」の順にクリック。すると下図のようなウィンドウが表示されます

下の方にある「フルキーボードアクセス」のチェックを「すべてのコントロール」に変更してください。これだけで設定は完了です。

以前は操作できなかった、ゴミ箱を空にする時のダイアログもキーボードだけで操作できるようになりました。

おわりに

ほんの少しの設定ですが時短効果は抜群です!まだ設定していないというMacユーザーさんはぜひお試しくださいませ。

マウスとキーボードを行ったり来たりする時間を減らして作業を効率化しましょう!

タイトルとURLをコピーしました